芸術文化で生きがいとやりがいを【北日野こもれび会】

集まった支援総額

0
目標金額
0
0%

達成まで

0

支援者数
0

残り
0

2023年3月31日 00:00から

 新型コロナウイルスにより生活様式が一変しました。
 
 社会福祉法人北日野こもれび会「ぴーぷるファン」では、心と生活に変調を訴える利用者さんに絵画療法でストレス解消と生きがい・やりがいを持ってもらい、日々の作業だけでなくライフワークバランスの充実を図ってもらいたいと芸術文化活動の取組みをはじめました。
 
 いざ始めてみると、利用者さんは創作意欲が高く、用紙やクレヨンなどの消費がとても早く、絵画教室に掛かる費用(用具代等)がかかり、経費の捻出に苦戦しているのが現実です。
 どうか、思いっきり利用者さんに絵が書けるよう支援をお願いします。

社会福祉法人北日野こもれび会「ぴーぷるファン」とは

 社会福祉法人北日野こもれび会『ぴーぷるファン』は、福井県越前市内に3つの事業所と越前市役所内にカフェ店舗・グループホームを運営している地域に根ざした障害福祉サービス事業所です。  

 障害のある人の、人生を輝かせる職場の提供と、人生を楽しむ暮らしを支援することを使命として  多方面からサポートすることで、豊かな生活が送れるよう支援しています。

 社会福祉法人北日野こもれび会のホームページ

芸術などの『療育事業』がなぜ必要なのか

 ただ毎日事業所に通い、作業をして工賃をもらい普通に生活を送る。それだけで幸せでしょうか。

 私たちが毎日仕事に通い週末はどこかへ出かけ、美味しいものを食べたり欲しいものを買ったりして 満足感や達成感を得ることにより、また仕事を頑張るよう 彼らにも感情があり、就労に欠かせないワークライフバランスを保つことはとても大切です。

 スポーツで勝って嬉しい!負けて悔しい・・・ 美味しいものを食べて喜ぶ、きれいなものをみて感動する そういった感情の育成こそが、やる気・意欲の発達向上の早道であると考えています。

絵画教室を始めて

 毎週土曜日の絵画教室を始めて約1年経ちましたが、この一年の間に沢山の変化が見られました。

 療育事業の時間になると、何かにつけてサボっていたり参加しようとしなかった子が 絵画教室では黙々と集中して絵を書いている!時間じゅうずっと座って没頭している!

 小さなスケッチブックに書いていた子が『大きな紙に書きたい!』と創作意欲が芽生え、明らかに、事業に取り組む姿に変化が見られました。

 また、嬉しい事に始めて半年で出展した『きらりアート展』では4名が賞をいただきました。
 これをきっかけに、『僕も来年は賞をもらいたい!』『私も絵画教室やりたい』と 言ってくれる人が増えたのです。

ご支援の使い道

 新型コロナウイルスで生活様式が変わり、心に変調を訴える障がい児・者が増え、ストレス解消や生きがいやりがい創出を目的に、美術作品の制作を行う絵画療法を行っています。
 絵画療法を希望する受講生に資質向上のための研修会と先進地の視察・学習会を開催するための募金活動を実施していますのでご協力ください。

経費:619,000円※

①受講生資質向上交流研修事業
実施:3回(絵画出展に臨む決意表明発表会、鑑賞後の感想発表会、個別相談会)
会場(予定):アオッサ3F 
対象:約25名
経費:231,000円
・施設借上げ料33,000円(3回分)
・飲食経費198,000円(3回分)

②絵画療法先進地域の視察事業
実施:4回
会場(予定):きらりアート、熊川宿若狭美術館、きらぼし☆アート交流展、神和紙の表現展 
参加:約25名
経費:388,000円
・交通費220,000円(視察用小型バス4回分)
・施設借上料13,200円(プロジェクター・スクリーン×3回分)
・施設借上料66,000円(作品掲示ボード×3回分)
・消耗品費88,800円(作品記録集×3回分)

※309,000円は自己資金で、募金目標額を310,000円に設定して寄付金募集を行っています。

これからの入賞作品巡回展の予定

きらりアート入賞作品巡回展

  • 1月15・16日 10:00~18:00 福井県産業会館本館1F   
  • 1月21~30日 9:30~19:00 ネッツトヨタ福井・中央店  
  • 2月4~13日 9:30~19:00 ネッツトヨタ福井・武生店     

  ※4名の受講生の作品  

 

衝撃の現代美術~きらり・きらぼし☆アート交流展   

  • 1月3日~9日 9:00~16:30(最終日15:00)   福井県立美術館     

  ※10名の受講生の作品が展示されます

サポーターからの声

きらりアート部のサポーターをしています板谷ゆりです。
この度は、きらりアート部受講者発表会に子どもたちと共に参加させていただきますことありがとうございます。

お声がけいただき7月に始まりました、きらりアート部ですが子ども達にはとっても大切な時間になっています。

最近の話しですが、ある子どもから「私さ、何気この時間好きなんやってな」と聞いた時はきらりアート部の大切さを改めて実感しました。

子どもにとっても職員にとっても大切なきらりアート部の時間を永く続けていきたいと思うと同時に、今後、絵を通して子ども達の成長も見せてもらいたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

きらりアート部 サポーター 板谷ゆり

集まった支援総額

0
目標金額
0
0%

達成まで

0

支援者数0

残り0

こちらの寄付は赤い羽根を活用しています

こちらの寄付は、福井県共同募金会を通じて、寄付者の応援が直接、指定の福祉団体に届けられるよう寄付ができる使途選択募金を活用しています。毎年1月1日から3月31日に実施されます。
クラファン特設ページをぜひご覧ください

【赤い羽根クラウドファンディングの特徴】
●赤い羽根の承認事業 ▶詳細はこちら
赤い羽根で知られる共同募金会は、昭和22年から市民主体の取組みとして民間の社会福祉の推進のために募金活動を続けている歴史ある団体です。寄付募集を行っている事業は、福井県共同募金会の配分委員会で審査し、理事会、評議員会の議決を経て承認された事業ですので、安心して寄付ができます。

●ご寄付は税制優遇の対象 ▶詳細はこちら
寄付金は税制上の優遇措置の対象になっています。個人のご寄付は、所得税の所得控除または税額控除、住民税の税額控除が受けられます。株式会社など法人のご寄付は、法人税の全額損金算入扱いになります。

●福井を良くする活動に特化 ▶詳細はこちら
赤い羽根クラウドファンディングで支援する団体はすべて福井県内で活動している団体です。地域に寄り添った小さな活動、地に足付けた活動をする団体に対して直接支援することができます。


福井県共同募金会とは・・
たすけあいの精神を基調として、福井県における社会福祉事業の健全な発達及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図るための共同募金事業を行うことを目的として様々な活動をおこなっています。

(お問い合わせ)
〒910-0026 福井県福井市光陽2丁目3-22
TEL:0776-22-1657 FAX:0776-22-3093

寄付募集元

福井県共同募金会