子どもの将来は地域と国の将来です、子どもの支援活動にご協力ください!

1999年に設立した後藤道場は子ども向けの空手教室ではじまりました。子どもに空手道を指導する中で親御様からの様々なご相談をきっかけに武道教室だけではなく子どもたちの生活そのものを支援できる道場へ変わって行きました。2005年に鹿児島県知事の認証を得てNPO法人となった当法人は子どもの教育支援活動として子育て支援、子ども支援を行うようになりました。活動を進めるうちに子どもたちの成長は社会全体に大きく関わり地域社会、そして将来の社会環境に及ぶことになります。
社会問題が絶えない中でそのしわ寄せは必ず子どもたちの環境に及びます。
寺子屋スクールは次世代の地域つくり、国つくりを視野に入れた子どもの支援、育てる親の子育て支援を行う団体です。

子育てに不安を感じる親御様は増え続けています。

働くお母さんのお手伝いとしてまた子どもたちの経験の場所として学校休日である土曜日に実施しています。また夏休みなどには親と離れて暮らすことで子どもの自立支援を促す長期宿泊型の活動である寺子屋修行や野外に出かけ自然体験やキャンプ活動も実施しています。

子どもたちの経験は大きく将来に影響し社会を変えていきます。

夫婦共働きなどにより子どもたちの環境は孤立しがちです。それらにより子どもたちの日常はゲームやインターネットで野外で遊ぶ機会が減少し体力や思考低下、希薄な人間関係につながり孤立するなど様々な問題が生じ子どもたちが健全に成長する環境が懸念されます。また母子家庭増加などによる子どもの心の不安定や子育てに困惑する親御様も増え、家庭以外での教育環境が求められています。

 

経験をご提供し子どもたちの心を育むことは将来の地域と国をつくります。

子どもたちがこの活動を通して様々なことにチャレンジし自らやってみることで自信をつけ、またそれらを身につける過程で必要な人とのコミニケーション能力、チャレンジ精神を養い遊びながらにして大切なことを学ぶこと。そしてそれらを通して何事にも自分に負けないつよさを身につけること。

次世代を担う子どもたちの
教育体験の場をつくり地域社会に貢献

子どもの活動には子どもたちを見守るスタッフが必要ですその方々は皆さんボランティアで来てくれる方々ですが交通費やお礼程度の謝金をお支払いしたい。そして子どもたちの輸送する手段である車輌の確保、炊事設備などの設置などが必要です。

次世代のためにできる支援をすること、それは大人の使命でもあります。

日々お仕事に頑張る親御様も増え、また親御様ご自身がどうしていいのかわからない、という不安を抱えルことがよくあります。核家族化、また防犯ということも考えなければならない現代社会で子どもとの生活は閉鎖的になり孤立化するケースが少なくありません。

お父さん、お母さんも心に余裕がなくなっています。できるお手伝いをすることで子どもたちは子どもらしく、自発的に自分らしさをつくり出し、自らチャレンジできる可能性を秘めています。

 

 

将来の地域と国つくりの基盤となる子育て、教育支援にお力をお貸しください!

寺子屋スクールでは年間通して日帰り、宿泊、野外キャンプの三つの活動で子どもたちの支援を行なっています。一定の参加費を頂くものの活動する施設の設備費、野外での活動で子どもたちの移動に必須なバスや車両費、安全を確保するためのスタッフ人件費など運営費用が必要です。

子どもたちが自立した生活を体験するためには日常生活を自分で体験することも必要です。それが経験となり自律心が芽生えます。例えば食事を用意するための炊事場、入浴をするお風呂、子どもたちの活動や寝泊まりをする最低限の部屋つくりなどを完備し貢献できる施設つくりを考えています。

子どもたちの支援や育成で必要なこと。それができれば多くの迷う子どもたちが救われ養うことができます。私たちがそれをやらせて頂きます!ぜひご協力ください。

●子どもたちが過ごす部屋居場所つくり、生活環境整備 

<予定額2000万円>

 自立支援として親元を離れて過ごす、また様々な問題で一時的にお預かりする子どもの居場所つくりとして最低限の設備である部屋(個室含)入浴、炊事場施設をつくる。

現在、一時保護を必要とする子どもたちが増えています。保護しても保護先が無い、という子どもたちの居場所がなくなることを私たちが補います。

    

●子どもたちの体験活動などの移動に使う車両設備

 <予定額200万円>中古車両

   野外での体験活動や送迎のための車両を備える。

 

後藤道場は子どもの居場所つくり、 様々な体験活動にとりくんでいます。

働くお母さんのお手伝いとしてまた子どもたちの経験の場所として学校休日である土曜日に実施しています。また夏休みなどには親と離れて暮らすことで子どもの自立支援を促す長期宿泊型の活動である寺子屋修行や野外に出かけ自然体験やキャンプ活動も実施しています。

子どもたちがこの活動を通して様々なことにチャレンジし自らやってみることで自信をつけ、またそれらを身につける過程で必要な人とのコミニケーション能力、チャレンジ精神を養い遊びながらにし て大切なことを学ぶこと。そしてそれらを通して何事にも自分に負けないつよさを身につけること。

 

子ども食堂の開設

2022年4月よりこども食堂を開設しました!
希薄になりがちな子育て環境を支援し、子どもの食育と居場所つくりを提供することで保護者同士のつながりも促し地域交流の場所作りを行なっております。
皆様から頂いたお野菜を使ってのおいしいカレー!毎月どんなカレーを提供できるか、子どもたちが「おいしいね!」と笑顔で食べてくれる姿が嬉しいです。

 

子ども食堂は居場所つくりとしても活動中!

5月21日(土)の子ども食堂では農園自然体験や映画鑑賞会も実施して朝から夕方まで子どもたちが交流し楽しく過ごしました。異年齢でさまざまな地域からの子どもたちはそれぞれの時間を過ごしたり皆で共に活動するなど日常とは異なった

有意義な時間を過ごせたかと思います。この活動を継続させ、子どもたちにとってもっと貴重な体験や交流ができるよう当法人はビジョンをもちとりくんでいきます。皆様からのご協力ご支援をよろしくお願いします。

 

寄付募集元

特定非営利活動法人 後藤道場

寄付はコチラ