【継続寄付】海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会を一緒につくる、オーシャンスイープサポーター募集|一般社団法人オーシャンスイープ協会

わたしたち一般社団法人オーシャンスイープ協会は、海の豊かさを守るために、持続可能な海洋プラごみ処分の方法を確立すべく活動しています。海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会を一緒につくる、オーシャンスイープサポーター募集しています。あなたからの温かいご支援をお待ちしております。

わたしたちの理念

海洋プラごみが増える量より減らす量が多い社会をつくる

私たちのビジョン

 漁師さんが操業中に海ごみを拾ってくると、海洋投棄規制条約によって処分費用を自己負担することになります。それでも海を汚したくない漁師さんは、海に捨てられているプラスチックごみを積極的に拾っていらっしゃいますが、陸から海へ流出するプラごみの量は多く、とても個人では負担しきれません。
また、海ごみは陸上のごみに比べて処分費用が数十倍もかかるため、海岸の管理を担っている地方自治体もなかなか公共事業化ができずにいます。一方、プラスチックは紫外線や波によって小さくなりますが自然分解されないので、流出に回収が追いつかなければ海のプラごみは増える一方です。
 当社団では、滞っている海洋プラごみの回収を推進することと、プラごみが海や川に流出しないような生活習慣の一般認知を拡めることで海洋プラごみが増える量(流出量)より減らす量(回収量)が多い社会を実現させて、海のプラごみが減っていく未来を子供たちに引き継げるよう、持続可能な海洋プラごみ処分の方法を確立するために活動しています。

プラごみは、海に放置したらダメなの?

1) プラごみ増加が私たちの健康も脅かしている?
 プラスチックの分子構造はとても安定していて、紫外線や波によってサイズが小さくなっても分解されているわけではありません。そして、海に漂流するプラスチックはPOPs(残留性有機汚染物質)と総称される有害物質等を吸着する性質があるため、小さくなったマイクロプラスチックを小魚などの小さな動物が食べ、それを食べる大きな生物の身体に濃縮されて蓄積されていきます。この食物連鎖により海洋生物の健康被害が懸念されていますが、食物連鎖の最上位にいるのが私たち人類なので、私たちの健康も危険にさらされています。
 おいしい魚を安心して食べられる未来のためにも、プラごみを海に放置してはいけません。

2)キレイな海や豊かな生態系が危うい?
 自然に分解されないプラごみは、人類が能動的に処分しない限りほとんど減りません。そして河川等から海に流出している量に比べて、回収処分されている量はごく僅かという、まるで赤字会計のような状態がずっと続いてきました。海の生態系が許容できる限界量という貯金が尽きたら破産ですが、その時はもう目の前に来ていると専門家が叫んでいます。しかし、海ごみの回収はほとんど進んでいません。むしろ、年々流出量が増えているのが現実です。

3)国や会社がリスペクトされなくなる?
 昭和の高度成長期に全国各地で公害問題が噴出し、その対策をしていたおかげで日本は環境対策先進国と評価されていた時代が一時期ありましたが、もうそれは20年以上昔の話です。国連SDGs等により環境負荷に対する世界中の意識が高まった現在、進行速度がゆっくりな日本の対策は他の国に追い越され、今や努力不足や方向性の間違いを指摘される側になっています。このままではリスペクトされない国や会社として人々に記憶されてしまうでしょう。

どうしたら、海ごみを減らせるの?

1)漁師さん達が気軽に漂流ごみを拾える体制をつくる
 海ごみを減らしたいというのは海で働く人たちとっても切実な願いです。でも、現在の社会構造では漂流ごみの処分費用は拾った人や市区町村が負担することになっています。
 漁師さんやダイバーさんたちに拾いたい気持ちがあっても本格的な回収活動ができない理由は、海ごみの量が多く、とても 個人や小さな市区町村では負担しきれないからです。今のままでは気軽に拾うことなんてできません。見つけたときに費用負担を気にせず拾える社会構造がつくれれば、海で働く人たちが操業中に海ごみの回収をしてくれます。

2)低コストで海ごみを処分できるスキームをつくる
 上記の社会構造の問題が今まで解決できなかった主な理由は、海ごみは塩分や有機物や水分が含まれているために処分費用が陸上ごみの数十倍かかってしまうという、費用の問題が未解決だったからです。
 今までのコスト構造で海ごみの回収処分を本格化すれば費用負担する者が破綻してしまいますが、低コストで海ごみを処分できる新しい技術が確立され、その技術が具体的な施設として稼働し、移送手段が確立すれば、本格的な回収活動を始められます。残念ながら海ごみを拾ってくる善意だけでは、処分できないごみが海岸等に積み上がるだけで真の解決には辿りつけません。

3)プラスチックの流出量を減らして、海ごみの赤字状態を脱出する
 現在はプラごみの流出量が処分量よりも多いという、まるで赤字会計のような状態で持続性がありません。また、海ごみの海ごみの3分の2が街由来です。現代に生きる私たちは、この現実から目を背けず、個々人の捨て方の気遣いとリデュース(使用量を減らす)の生活習慣が浸透・定着すれば解決・改善に向かうことができます。まずは単月から「流出量より処分量が上回った黒字状態」を実現できるよう共に目指しましょう。そのためには企業の協力も不可欠ですが、消費者意識が変わり使用量が減れば企業の商品開発も変わっていくでしょう。

わたしたちのミッション

1)海洋プラごみを減らしていけるスキームをつくる
 新しいスキームづくりのために、下記の活動を推進していきます。

①陸上ごみ並みに安く海ごみの処分ができる技術を見つけ、海洋プラごみの処分スキームを確立する(技術の発掘と検証、海ごみ受容れ交渉、港等から処分施設までの移送方法の確立)
②漁師・ダイバー・漁港管理者に協力を呼びかけて回収・保管(水抜き)する回収スキームを確立する
⑤国・県・市へ意見・要望の打ち上げ(法や条例の改正等)

2)海洋プラごみの処分費用を集める
 海洋プラごみを安く処分するスキームを確立してもゼロにはなりませんので、処分費用が必要です。現在の社会構造では海ごみを拾ってきた漁業者が自己負担になってしまっていますので、負担しきれず回収も進んでいません。そこで、下記の資金調達活動を推進しています。

①処分費用に充てる資金を募集する(一般寄付、企業寄付、クラウドファンディング等で募集し、参加した個人・法人においてはSDGs活動となるよう参加者名を公表するなどしっかり広報する)
② 国・県・市へ意見・要望の打ち上げ(補助金の適用範囲や金額の拡大等)

3)プラごみ流出の防止につながる情報を発信する
 個々人の生活の上で、プラごみが海や川に流出しない捨て方や、プラスチック使用量そのものを減らしていくリデュースが社会に定着するよう、下記の活動を推進しています。

① 海や川に流出したプラごみの現状を把握し、社会認知が拡がるように情報発信する(写真ボランティアの募集、プラごみ流出マップの公開)

ご支援の使い道

皆様から頂いたご支援は、下記のような用途に使用します。

・海洋プラごみの調査費用
・プラごみ処分技術や輸送方法についての実証実験や試験運用の費用
・海洋プラごみの保管・輸送費用
・海洋ブラごみの処分費用
・海洋ブラごみ回収の要請にかかる費用
・プラごみを減らすための情報発信費用
・旅費交通費・通信費・人件費・広報費
・その他、事務局の運営費

当社団は持続可能な海洋プラごみ処分の方法を確立するために活動しており、そのための必要経費は、行政からの補助金を除いてすべて会員の年会費及び寄付金から捻出しています。

なお、コングラント募金システムを利用したご寄付は個人向けであり、当面「継続寄付(毎月のご寄付)」となります。もしも「1回だけのご寄付(都度のご寄付)」をご希望の方や、法人の方、又は継続寄付の中止をご希望の方は、下記URLの社団ホームページのフォームからメールでお問い合わせください。

◆1回だけのご寄付(都度のご寄付)をご希望の方

https://activo.jp/fundraisings/230

◆法人の方、又は継続寄付の中止をご希望の方

https://ocean-sweep.com/about/

なお、領収書は、ご希望の方にメール添付にて発行させていただきます。

 

持続可能な海洋プラごみ処分の方法を確立するために、ぜひご支援をお願いいたします。

寄付募集元

一般社団法人オーシャンスイープ協会