【無償】令和6年 台湾地震の緊急支援に
企業寄付・社内募金サポートを開始

  • 企業寄付ランキング

企業の寄付先と企業寄付額ランキング(2023)【卸売業界編】

企業の寄付先と企業寄付額ランキング(2023)【卸売業界編】
企業寄付額ランキング(2023)
【卸売業界編】
順位 企業名

企業寄付額
(経常利益に対する比率)

1

 カメイ

 1億2700万円(1.54%)

2

 シップヘルスケアホールディングス

 9000万円(1.39%)

はじめに

本記事では卸売業界における企業の寄付先企業寄付額ランキングのTOP2企業をご紹介します。

これからの社会において、企業寄付を含む社会貢献活動はより重要性を増していくと弊社は考えております。実際に、東京証券取引所に上場している卸売業界の企業はNPOなどへの企業寄付に取り組んでいます。本ランキングは、卸売業界の上場企業の企業寄付やその寄付先取り組み事例をご紹介するものです。

なお、今回のランキングは金融庁が公表している「EDINET」から独自に調査したもので、2022年度決算における企業寄付額(単体)と経常利益(単体)に対する寄付金比率を基にしています。

本記事で記載している「企業寄付額」は「EDINET」で公開されている損益計算書(単体)の勘定科目として表記されている「寄付金」の金額を記載しています。

それでは卸売製品業界における企業の寄付先企業寄付額ランキング(2023)を見てみましょう。

本記事が社会貢献取り組み事例企業寄付寄付先についてお悩みになられている企業関係者の皆様の一助になりますと幸いです。

企業の寄付先と企業寄付額ランキング

 第1位:カメイ

 市場区分

 東証プライム

 企業寄付額

 1億2700万

 経常利益に対する比率

 1.54%

 主な寄付先

 カメイ社会教育振興財団、亀井記念財団、やすらぎ会、オイスカ、鶴友奨学会

 会社HP

  https://www.kamei.co.jp/


 第2位:シップヘルスケアホールディングス

 市場区分

 東証プライム

 企業寄付額

 9000万円

 経常利益に対する比率

 1.39%

 主な寄付先

 確認中

 会社HP

 https://www.shiphd.co.jp/

【EDINET上で寄付額が確認出来ない企業】
・イメージ ワン
・タビオ
・高千穂交易
・オルバヘルスケアホールディングス
・伊藤忠食品
・YKT
・木徳神糧
・久世
・エレマテック
・ジェイホールディングス
・あらた
・トーメンデバイス
・ピクセルカンパニーズ
・石光商事
・テンポスホールディングス
・東京エレクトロン デバイス
・エフティグループ
・円谷フィールズホールディングス
・双日
・新都ホールディングス
・アルフレッサ ホールディングス
・アップルインターナショナル
・日本プリメックス
・横浜冷凍
・神栄
・ラサ商事
・クリエイト
・ケイティケイ
・アルコニックス
・神戸物産
・ビューティ花壇
・カワサキ
・ハイパー
・アマガサ
・あい ホールディングス
・ディーブイエックス
・テクノアルファ
・ダイワボウホールディングス
・シンデン・ハイテックス
・マクニカホールディングス
・ラクト・ジャパン
・BRUNO
・オーウイル
・グリムス
・バイタルケーエスケー・ホールディングス
・八洲電機
・メディアスホールディングス
・レスターホールディングス
・ジューテックホールディングス
・大光
・アゼアス
・OCHIホールディングス
・TOKAIホールディングス
・黒谷
・Cominix
・三洋貿易
・ビューティガレージ
・ウイン・パートナーズ
・日本製麻
・東京日産コンピュータシステム
・クロスプラス
・ミタチ産業
・アルファグループ
・レカム
・メタプラネット
・クリヤマホールディングス
・cotta
・内外テック
・バイク王&カンパニー
・コスモ・バイオ
・明治電機工業
・デリカフーズホールディングス
・スターティアホールディングス
・大木ヘルスケアホールディングス
・昭栄薬品
・歯愛メディカル
・農業総合研究所
・コメダホールディングス
・ピーバンドットコム
・No.1
・アセンテック
・富士興産
・高見澤
・協栄産業
・INEST
・フーディソン
・アルファパーチェス
・ダイワ通信
・SHINKO
・フルサト・マルカホールディングス
・ヤマエグループホールディングス
・のむら産業
・創健社
・小野建
・南陽
・佐鳥電機
・東邦レマック
・初穂商事
・山大
・エコートレーディング
・伯東
・オータケ
・ナ・デックス
・コンドーテック
・中山福
・横浜魚類
・ハリマ共和物産
・東北化学薬品
・ナガイレーベン
・三菱食品
・松田産業
・第一興商
・メディパルホールディングス
・ヤギ
・キムラ
・セフテック
・SPK
・萩原電気ホールディングス
・鳥羽洋行
・アズワン
・ムラキ
・スズデン
・尾家産業
・シモジマ
・ドウシシャ
・サンリン
・小津産業
・日新商事
・西川計測
・ティムコ
・高速
・扶桑電通
・たけびし
・ムサシ
・リックス
・清和中央ホールディングス
・丸文
・大水
・アイナボホールディングス
・ハピネット
・大田花き
・ジーエフシー
・萬世電機
・栄電子
・橋本総業ホールディングス
・日本ライフライン
・タカショー
・IDOM
・カーチスホールディングス
・進和
・エスケイジャパン
・ダイトロン
・シークス
・田中商事
・NaITO
・オーハシテクニカ
・星医療酸器
・杉田エース
・白銅
・オーウエル
・ダイコー通産
・ヤシマキザイ
・レオクラン
・BuySell Technologies
・カクヤスグループ
・ミクリード
・コパ・コーポレーション
・アイスコ
・伊藤忠商事
・丸紅
・ユアサ・フナショク
・高島
・長瀬産業
・蝶理
・豊田通商
・三共生興
・兼松
・ツカモトコーポレーション
・中央魚類
・三井物産
・日本紙パルプ商事
・東都水産
・築地魚市場
・OUGホールディングス
・スターゼン
・横浜丸魚
・丸藤シートパイル
・山善
・椿本興業
・住友商事
・内田洋行
・三菱商事
・第一実業
・キヤノンマーケティングジャパン
・西華産業
・佐藤商事
・三谷商事
・菱洋エレクトロ
・東京産業
・日本出版貿易
・ユアサ商事
・神鋼商事
・カノークス
・トルク
・阪和興業
・正栄食品工業
・カナデン
・RYODEN
・ナラサキ産業
・岩谷産業
・ナイス
・ニチモウ
・極東貿易
・アステナホールディングス
・三愛オブリ
・稲畑産業
・GSIクレオス
・明和産業
・クワザワホールディングス
・堀田丸正
・ムーンバット
・中央自動車工業
・三栄コーポレーション
・川辺
・ワキタ
・東邦ホールディングス
・サンゲツ
・ミツウロコグループホールディングス
・シナネンホールディングス
・伊藤忠エネクス
・ゼット
・サンリオ
・サンワテクノス
・三京化成
・ナガホリ
・リョーサン
・新光商事
・トーホー
・デンキョーグループホールディングス
・トミタ
・三信電気
・東陽テクニカ
・ソマール
・モスフードサービス
・加賀電子
・ソーダニッカ
・立花エレテック
・タカチホ
・理経
・プロルート丸光
・フォーバル
・PALTAC
・三谷産業
・太平洋興発
・西本Wismettacホールディングス
・ポエック
・ヤマシタヘルスケアホールディングス
・オプティマスグループ
・バリュエンスホールディングス
・コーア商事ホールディングス
・KPPグループホールディングス
・ヤマタネ
・丸紅建材リース
・日鉄物産
・テーオーホールディングス
・大丸エナウィン
・泉州電業
・リリカラ
・トラスコ中山
・オートバックスセブン
・モリト
・共同紙販ホールディングス
・CBグループマネジメント
・英和
・ソレキア
・加藤産業
・北恵
・イエローハット
・シャルレ
・UEX
・コンセック
・JKホールディングス
・日伝
・藤井産業
・日本電計
・日邦産業
・植松商会
・平和紙業
・北沢産業
・杉本商事
・因幡電機産業
・太洋物産
・ヨンキュウ
・東テク
・ミスミグループ本社
・堺商事
・アルテック
・タキヒヨー
・蔵王産業
・スズケン
・ジェコス
・グローセル
・サトー商会
(注)寄付額と経常利益額については金融庁のEdinetより確認しました。なお、寄付先については弊社が企業に個別でヒアリングを実施し、回答があった企業はその寄付先を本記事に掲載しています。回答が無かった企業はweb上や各企業の統合報告書から弊社が調査を行いました。
(注)【EDINET上で企業寄付額が確認出来ない企業】は東京証券取引所の銘柄コード(昇順)で記載しております。

まとめ

以上が2022年度の卸売業界における企業の寄付先と企業寄付額ランキングTOP2です。卸売業界の中で、ランクインした企業は多額の寄付を行うなど、社会に貢献しています。これからも、卸売業界の動向に注目です。

企業寄付のご相談は弊社にお任せください

弊社は寄付活動は企業が社会に貢献することができる手段の1つだと考えています。一方で、寄付先の選定において信頼できる団体を探すのには時間や人手がかかり、専門的な知識も必要となります。

多くの企業が「どの団体に寄付をするべきか分からない」、「自社だけではリソースが不足している」という課題を抱えています。弊社はそれらの課題を解決し、企業の寄付活動を支援することができます。

弊社はこれまで多くの企業の寄付戦略をサポートしてきた実績があり、企業のニーズに合わせたサービスを提供することができます。

寄付活動を通して社会に貢献してみませんか。既存の寄付先について悩みを抱えている方や寄付に関心はあるがリソースが不足しているという悩みを抱えている方は、是非お気軽にお問い合わせください。

※無料で相談及び、カウンセリングを実施させて頂いております。

バナー画像 バナー画像

従業員エンゲージメントを高める
企業の寄付・社会的投資なら